2009年4月の記事一覧

資産バリュー銘柄の計算方法

バリュー投資にはベンジャミン・グレアムやウォーレン・バフェットなどの偉大な先達がいるのですが、資産バリューと言えば前者のグレアムの領域になります。

彼の基準を厳密に採用している投資家もいればそうでない人もいると思いますが、わたしが資産価値を基準に銘柄選択を行うときには、貸借対照表の以下の項目を見ています。

  • 現金預金(+)
  • 受取手形(+)
  • 売掛金(+)
  • 有価証券(+)
  • 投資有価証券(+)
  • 長期性預金(+)
  • 負債合計(-)

資産価値の計算としては流動資産のうち換金性の高い 3(or 4)項目と、固定資産の中でも同じく換金性の高い 2項目を合計し、そこから負債合計(総負債)の値を差し引きます(カッコ内の「+」から「-」を引くわけです)。

そうして求めた値を、時価総額とくらべます。上記の値を「正味流動資産」と呼ぶとすると、時価総額に対する正味流動資産の割合を求め、そこから 1を引きます。計算式は以下のとおりです。

( 正味流動資産 / 時価総額 ) - 1

これが 0.5(50%)以上になる場合に投資を検討します。もちろん、0.5以上の銘柄を無条件で購入するわけではなく、直近5~10年のキャッシュフローや業績などもきちんと確認します。

キャッシュリッチな企業の中には万年赤字企業などもあります。そういった企業や、近い将来キャッシュが著しく減少しそうな銘柄には手を出しません。過去に築いた資産を維持できる見込みがあるかが大事です。

2009年4月30日||トラックバック (0)

カテゴリー:バリュー投資

良い会社が良い投資先とは限らない

良い企業が良い投資先とはかぎりません。好業績を続けている場合でも株価がそれ以上に高く評価されていれば、期待する投資成果は得られないかもしれないし、逆のパターンもあり得ます。 たとえば、当期利益10億円・・・

良い会社が良い投資先とは限らないの詳細 »

2009年4月25日||トラックバック (0)

カテゴリー:バリュー投資

バリュー投資の種類

バリュー投資またはバリュー株投資とは、企業が現在持っているキャッシュと将来得られるキャッシュを合わせた価値が、株価と比べて高い場合に投資をおこなうというものです。 一般的には、現在は多くの現金を持って・・・

バリュー投資の種類の詳細 »

2009年4月18日||トラックバック (0)

カテゴリー:バリュー投資

SBI証券のSBI債と販売戦略

すっかり波に乗り遅れてしまいましたが、各所で話題になっているSBIホールディングスの社債「SBI債」の利率は魅力的ですね。新生銀行の定期預金もまあまあですが、より短期間でより高利率です。 信用の度合い・・・

SBI証券のSBI債と販売戦略の詳細 »

2009年4月10日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース