約1兆円の赤字 - グローバル経済の影響と悲惨な貿易統計

約1兆円の赤字 - グローバル経済の影響と悲惨な貿易統計

財務省が25日に発表した貿易統計によると、日本の1月の貿易赤字が9,526億円となったということです。一時的な現象に目を向けていると大局がつかめないなどと言っていられるレベルではないような気がします。

平成21年1月分貿易統計(速報)の概要

上記、財務省のホームページでPDFを読めば詳しい数字がわかります。輸出は4ヶ月連続の減少となり、また対前年の伸率もマイナス45.7%とあり得ない数字が載ってあり目を疑ってしまいます。

輸出の減少品目を見ると、自動車・半導体等電子部品・自動車の部分品などどれも50%以上のマイナス。アメリカ向けもEU向けもアジア向けもボロボロです。日本はまさに貿易大国であり、グローバル経済の影響をもろに受けることが再認識させられました(昨年からイヤというほど繰り返されていますが)。

実はわたしの持ち株には半導体関連のものがあるのですが、まだ買付から半年も経っていないのに、すでにパフォーマンスはマイナス40%を超えています。たまりませんね。

2009年2月27日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://raqow.com/mt/mt-tb.cgi/23