検索結果

インデックスファンドと海外ETFガイドで“アセットアロケーション”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

アクティブファンド5年間で半数がTOPIXに勝利

日本株をおもな投資対象とするアクティブファンド84本のうち、2月末までの5年間のパフォーマンスがTOPIXを上回ったものは46本だったそうです。

日本株アクティブ型、5年間の健闘 : ランキングで読み解く投信 : 投資信託 : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 2月末で純資産30億円以上あり、確定拠出年金やSMA、ラップなどの専用ファンドを除くと、アクティブな日本株ファンドで5年の運用実績があるものは84本あります。

...全体で見ると、TOPIXの数字を上回っているファンドは、84本中46位までです。

...もっとも、多くのファンドはベンチマーク(運用の比較対象とする指数)を決めていませんので、一概にTOPIXと比較するのが妥当か否かは議論があるでしょう。

記事内でも言及していますが、日本株に投資するファンドと言ってもその多くが別の資産への投資もおこなっており、TOPIXと単純に比較することはできないでしょう。

また、以下のようなことも頭に入れておかなければ偏った解釈をしてしまう可能性があります。

  • サバイバルバイアス(生き残りバイアス)が考慮されていない。
  • 過去のパフォーマンスが将来の運用成績を約束するわけではない。
  • 統計的に次の5年間に同じファンドがまたTOPIXを上回る可能性は低い。

アクティブ型投資信託は総じて信託報酬が高めに設定されていることも、特に注意しなければいけないポイントです。

長期運用の成果の決定要因はアセットアロケーションがその8割を占めるという研究結果もあり、投資対象のテーマなどアクティブファンドの差別要因を吟味するよりも、確実にかかるコストを追ったほうがいいと思います。

2009年3月14日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

SBI証券もノーロード - STAM 新興国株式インデックス・オープン

マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券などでノーロード投信としてすでに販売開始されていた住信アセットの「STAM 新興国株式インデックス・オープン」と同債券ファンドですが、SBI証券でもやはり無料で販売するという発表がありました。

SBI証券をメインにしていた方は、先にほかの証券会社がノーロードでの取扱を発表する中 SBIは遅いと感じていたかもしれませんが、これでひと安心ですね。わたしも安心しました。

ところで、最近はベトナム株やドバイ株も下落していて、一時のBRICsやVISTAなど新興国への投資が流行ったころからずいぶん状況が変わったように思います。

もともとインデックス投資家にはそれらのテーマ型ファンドには興味のなかった人が多いと思いますが、現在の新興国株や債券の位置づけというのはいったいどのように考えていらっしゃるでしょうか。

アセットアロケーションの違いでいえば、株式の中での割合は、先進国と新興国とは時価総額比率をもとにするか、GDP比率をもとにするかくらいしか思い浮かばないのですが、ほかに「いや、こんな画期的な配分があるんだよ」というのがあれば教えていただきたいです。

まあ、心配はしなくても、STAMの新規ファンドの純資産総額は着実に増えていくでしょうね。わたしも、できれば少しずつ参加していこうと思います。

2008年12月 9日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

アセットアロケーションとは資産配分のこと

資産運用の基本はなんといっても「アセットアロケーション」です。アセットアロケーションとは資産配分のことで、運用リターン(利益)の8割を決定するとも言われています。

実際にどのくらいパフォーマンス(運用成績)に影響があるのか、具体的な数値はわかりませんが、いろいろな研究結果によりとても大きな要因であるということがわかっています。

逆に、どの金融商品を選ぶか、どの銘柄を買うか、どのファンドを買うか、投資対象を決めたとしてどのタイミングで投資するのか、などといったことは、あまり運用成績には影響を与えないようです。

資産運用をおこなうにあたって、増やそうと考える場合も減らさないように(守ろう)と考える場合も利益を得ようとすることが前提なので、アセットアロケーションは運用におけるいちばんの基本事項だということができます。

アセットアロケーションを決定するにあたって具体的にやることは、以下になります。

  1. リスク許容度を知る
  2. リスクと期待リターンを調べる
  3. 効率的フロンティアを見つける
  4. 金融商品を決める

何も知らない状態からこれら全てのプロセスを真面目におこなうには、かなりの時間を要します。しかし、アセットアロケーションとはそう頻繁に変わるものではなく、最初の作業をがんばれば、あとはほとんど手間と時間はかかりません。

とりあえず、これから資産運用をはじめようと考えたときは、マネー雑誌に載っている「オススメ銘柄」「この投資信託がいまアツイ!」などのコーナーには振り回されないようにしましょう。それらが運用リターンに与える影響はアセットアロケーションにくらべてとても小さなものだからです。

少しずつでも、正道の運用方法を学ぶことからはじめましょう。

2008年12月 7日||トラックバック (0)

カテゴリー:資産運用のノウハウ