検索結果

インデックスファンドと海外ETFガイドで“ファンド”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

フィデリティ・ワールド・ファンズ(FWF) 償還理由と純資産総額

フィデリティが日本に進出して40周年だそうですが、3月9日にフィデリティ・ワールド・ファンズ(FWF)の一部ファンドを解散するというニュースが発表されました。2009年6月9日に繰上げ償還されることになった10ファンドは以下のとおりです。

  • FWF コリア・ファンド(円建)
  • FWF ヘルス・ケア・ファンド(円建)
  • FWF ワールド・ファンド(円建)
  • FWF エマージング・マーケット・ファンド(円建)
  • FWF ユーロ・ボンド・ファンド(円建)
  • FWF USドル・ボンド・ファンド(円建)
  • FWF インターナショナル・ボンド・ファンド(円建)
  • FWF グレーター・チャイナ・ファンド(円建)
  • FWF ヨーロピアン・スモーラー・カンパニー・ファンド(円建)
  • FWF ヨーロピアン・アグレッシブ・ファンド(円建)

売却は2009年6月2日申込み分までなので気をつけましょう。発表のあった9日にすでに新規買付の受付を終了しています。フィデリティのファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」による自動買付も10日申込み分で終了とのこと。

詳しくは「フィデリティ・ワールド・ファンズ(FWF) 一部ファンド解散のお知らせ」でどうぞ。

FWFシリーズは12ファンドあり、生き残ったのは「FWF ヨーロピアン・グロース・ファンド」「FWF インド・フォーカス・ファンド」の2つだけのようです。ビジネスとはいえ厳しいものです。

解散理由は純資産額が低水準で推移しており、また今後の資産増加が難しいと予想されることとの話です。

償還予定のファンド中、純資産総額が最も大きい「グレーター・チャイナ・ファンド」の2月末の純資産総額は6.1億円。たしかに10億円にすら届かない小さな金額です。しかし、生き残ったファンドと比較してみるとどうでしょうか。

一方の「インド・フォーカス・ファンド」は同じく1.5億米ドル(約146億円 : 2月末のドル円レート換算)と桁違いなので比較になりませんが、もう一方の「ヨーロピアン・グロース・ファンド」は同6.1億円と良い勝負のような気もします。

フィデリティ証券のデータをもとに両ファンドの08年3月~09年2月の直近1年間の純資産総額の推移をグラフ化してみました。

FWF 2ファンドの直近1年間の純資産総額の推移

違いがほとんどありません。あるいは、このファンドも近い将来・・・。まあ、こちらがわからなくても、あちらはいつでも償還できるということですね。こういったリスクはなるべく取りたくないものです。

2009年3月17日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

アクティブファンド5年間で半数がTOPIXに勝利

日本株をおもな投資対象とするアクティブファンド84本のうち、2月末までの5年間のパフォーマンスがTOPIXを上回ったものは46本だったそうです。

日本株アクティブ型、5年間の健闘 : ランキングで読み解く投信 : 投資信託 : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 2月末で純資産30億円以上あり、確定拠出年金やSMA、ラップなどの専用ファンドを除くと、アクティブな日本株ファンドで5年の運用実績があるものは84本あります。

...全体で見ると、TOPIXの数字を上回っているファンドは、84本中46位までです。

...もっとも、多くのファンドはベンチマーク(運用の比較対象とする指数)を決めていませんので、一概にTOPIXと比較するのが妥当か否かは議論があるでしょう。

記事内でも言及していますが、日本株に投資するファンドと言ってもその多くが別の資産への投資もおこなっており、TOPIXと単純に比較することはできないでしょう。

また、以下のようなことも頭に入れておかなければ偏った解釈をしてしまう可能性があります。

  • サバイバルバイアス(生き残りバイアス)が考慮されていない。
  • 過去のパフォーマンスが将来の運用成績を約束するわけではない。
  • 統計的に次の5年間に同じファンドがまたTOPIXを上回る可能性は低い。

アクティブ型投資信託は総じて信託報酬が高めに設定されていることも、特に注意しなければいけないポイントです。

長期運用の成果の決定要因はアセットアロケーションがその8割を占めるという研究結果もあり、投資対象のテーマなどアクティブファンドの差別要因を吟味するよりも、確実にかかるコストを追ったほうがいいと思います。

2009年3月14日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

REITファンドは利回りが高い!? SBI証券の販売手法

SBI証券でグローバルREIT(リート)ファンドをすすめる特集ページが作られたようです。基準価額に対する分配金の大きさ(利回り)を前面に押し出しているのですが、ハッキリ言ってひどい販売方法です。

なぜグローバルREITファンドが売れている!? | SBI証券

NightWalker's Investment Blogの同名記事を読めば理由はわかると思うので割愛しますが、投資初心者だと自覚のある人にはこういう手法に引っかからないようにしてほしいです。

といっても、いくら気をつけても引っかかるときは引っかかります。できれば口座に無駄なお金は入れない、しっかりと目的を持って運用する、コントロールするということを肝に銘じておきましょう。

むかし野球部の先輩が「試合では無意識にアッパー気味になってしまうから、素振りは少し過剰にダウンスイングにしている」と言っていました。資産運用をはじめて間もない場合は自分が必要と思うよりもかなり少なめの資金で運用するのがいいかもしれません。

販売手法というのは大事です。販売する側にとっては特に。消費する側にとっても、商品やサービスの中身が伴っていれば積極的に売り込んでくれることがありがたい場合もあります。

しかし、この方法はどうなのか? ということも少なからずあります。今回はたまたま目に留まったから紹介しましたが、普段気付かないうちにもっと多くの場面でこういうことは起きているのでしょう。

※ 今回のSBI証券の販売手法は気に入りませんが、手数料・使いやすさ・商品の品揃えなどネット証券で最高水準のサービスを提供しています。1つがダメだからといって全て否定できるわけではありません。

2009年3月 6日||トラックバック (0)

カテゴリー:ビジネス関係

セゾン投信の解約とギャンブル・・・つまり人生とは?

知人にセゾン投信を解約した人がいます。積立自体は続けているので完全に積極的な資産運用と決別したわけではないですが、いままで積み立てていたほぼ全額をおろしたというのはわたしには衝撃でした。

世界的な株価下落による資産価格の下落が、解約の原因ではありません。彼はセゾン投信を積み立てると同時に、一方で競馬というギャンブルを趣味としてお金をつぎ込む生活を送っていました。

解約したお金をこのギャンブルにあてると知ったとき、わたしが卒倒しそうになったのは言うまでもありません。・・・いや、それはちょっと言い過ぎかもしれませんが「そんなバカな!」と心中でつぶやいたのは、知人には申し訳ないですが正直な気持ちでした。

しかし、ふと、彼の生き方というのは別におかしくないのではないかと感じたのです。わたしから見れば確かにおかしいですが、そもそも絶対に正しいことも間違っていることも存在しないと考えると、彼はなんら不思議な行動は取っていないのではないかと。

そう考えはじめると、人生ってなんだ!?というちょっと背伸びした中学生がそれを思案していることを周りにほのめかすことで優越感にひたるような疑問が頭を支配しはじめるのでそこで思考をストップさせましたが、しかし人生っていったい何なのでしょうね。

わたしがセゾン投信を解約するころにはそれがわかっているのでしょうか。

2009年3月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:管理人ブログ

ジョインベスト証券の野村證券統合で保有ファンドの投資生活はどうなる?

ジョインベスト証券が野村證券へ統合されることが検討されている件について、いまさらながら少し不安になっています。というのは、わたしの家族に「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド(愛称 : 投資生活)」を積み立てている者がいるからです。

野村ホールディングスによる、当社の野村證券への統合に関する検討について | ジョインベスト証券

とりあえず口座が引きつがれないなどということはあり得ません。とすると、最悪の事態として保有ファンドの繰上償還が考えられます。

以前、同じ野村グループの「野村ファンドネット証券」が解散したときは保有ファンドは引きつがれたものの、追加購入できるものは一部に限られたという前科があり、安心することはできません。

純資産総額が小さければ運用にも支障があるでしょう。このファンド「投資生活」の27日現在の純資産総額は9億100万円となっています。これでは追加購入が不可能になった場合、繰上償還されてもおかしくありません。

しかし、ファミリーファンド方式による運用ということで心配ないとも考えられます。3つのマザーファンドの純資産総額は桁がいくつも違うので、こちらの運用が安泰のうちは投資生活も大丈夫だと思われます。

というわけで、前科者ではあるものの、さすがに前回とは状況が違うことも考えると心配しすぎることもないのかもしれません。もちろん、ファンド積立に関する環境悪化などの予想もあり不安点はまだまだ残っていますが、とりあえず続報を待とうと思います。

2009年2月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

外貨建てMMFの為替スプレッドが半額 - 楽天証券キャンペーン

年末に向けて株価は回復基調に向かうかと思いきや、いろいろと慌しい状況が続いています。

アメリカではビッグスリー救済やゼロ金利政策など確実に手を打ち、金融危機克服へ確実に歩を進めている一方で、わが日本では相変わらずのグダグダ政治劇と政策が繰り広げられていますが、なんにせよ時は過ぎています。

早くも2009年は景気回復に向かうというような楽観論が台頭していますが、クリスマスと年の瀬が近いことで気が大きくなるのは良いことです。1年に1度くらいはアホになりましょう。わたしは年中そうかもしれませんが(笑)。

さて、日本の政治家は当てになりませんが、私企業である証券会社はもちろん顧客獲得、囲い込みに躍起になっています。歴史的大暴落でせっかく獲得した投資家を離さずに、しっかりとボーナスなど懐のキャッシュを吐き出させようとキャンペーンなどを展開しています。

今回は、投資信託や海外ETFの取扱で常に他の証券会社を一歩リードする、楽天証券の為替スプレッド半額キャンペーンをご紹介。

楽天証券の外貨建てMMF 為替スプレッド半額キャンペーン

期間
2008年12月22日(月)~2009年1月30日(金)13:50受付分まで
内容
外貨建てMMF購入、定時為替取引による為替スプレッドが通常の半額
対象通貨
  • 米ドル
  • ユーロ
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • カナダドル
  • 南アフリカランド
詳細
外貨建てMMF 今だけ6通貨スプレッド半額

詳しくは楽天証券のWebサイトを確認してください。

為替スプレッドは金融商品取引業者の利益そのものですが、それを削って投資家にメリットを与えているわけです。汚い言い方をすればエサです。ありがたくいただいてしまいましょう。

すみません・・・徹夜の頭でなにか変な言葉ばかりが浮かびます。

2008年12月21日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

投資信託の交付目論見書を読みやすくする?

投資信託の交付目論見書がいまよりも簡素になるかもしれません。金融庁が、専門用語ばかりが並んでいて読みにくい、ページ数が多いという投資家の声を聞き、目論見書を改善するように動いているとのこと。

金融庁、投資信託の目論見書を簡素化へ | マネーニュース | 株式市場 | Reuters

 金融庁は、作業部会の報告書をもとに制度改正にとりかかる。来年以降にかけて投資信託委託会社の意見を聴取しながら、内閣府令の改正を進める方針。

 投信の目論見書は、投資家に提供することを義務付けられている「交付目論見書」とともに、投資家の要求に応じて提供する「請求目論見書」の2種類あるが、報告書が求めた簡素化の対象は交付目論見書。

 現行の制度で交付目論見書は、有価証券届出書の記載内容をそのまま引用することが求められている。このためにページ数ばかりが増えて複雑化し、80ページから100ページ以上の分量になるものが多い。投資家からも、1)分量が多い、2)専門用語が多い、3)全体の構成が複雑でどこに何が書かれているか分からない、4)重複事項が多い――などの不満が金融庁に寄せられているという。

わたしは株式投資もおこなっており有価証券報告書もけっこう読みこんでいます。だから、投信の目論見書もあまり難しいとか読みにくいとか思ったことはなく、けっこうスンナリと読めていました。

しかし、多くの投資家には読みにくいようで、金融庁には「分量が多い」「専門用語が多い」「重複事項が多い」などの不満が寄せられていたそうです。

わたしも、いまのように決算書や目論見書を読めるようになるには多くの時間を費やしました。だから、ほかの投資家の不満もよくわかります。というか、昔は同じように不満を持っていました。今回の簡素化の方針は基本的には賛成です。

でも、いまの程度の目論見書もしっかりと読めないようでは、投信への投資は諦めたほうがいいとも、一方で思うのです。

重要事項がより読みやすく、多くの人にわかりやすく配されるのは喜ばしいことです。しかし、なんでも簡素にすれば良いわけではありません。たとえば重要事項が削られてしまっては困ります。なんせ、重要事項ですからね。

投資にはリスクが伴うものです。そのリスクが取れない投資家は、リターンも得られません。

そして、目論見書を読んで自分できちんと内容を把握できるようになる、そういう手間と時間をかける、ということをしなくなると、投資に対する真剣味が薄れるような気がします。

誤解を招くことを承知で言うなら、件のような不満を寄せた投資家というのは、銀行で投信を購入し「損が出そうになったらすぐに電話して!」というような人と同じなのではないかと感じてしまいます。

そんなの無理ってことですね。

タグ

2008年12月10日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

金融庁がクリード・リート・アドバイザーズ社に業務改善命令

クリード(8888.T)の運用子会社で、クリード・オフィス投資法人(8983.T)の運用助言をおこなうクリード・リート・アドバイザーズ社が金融庁に業務改善命令を出されました。

なんか同じような名前が並んでいてわかりにくいですが、つまりクリード・リート・アドバイザーズという会社が実質的に運用する(?)J-REITが投資家の利益に反することをおこなっていたということです。

記事によれば、クリード・リート・アドバイザーズがおこなったとされる投資家の利益に反する行為とは、以下のようなものです。

  • アスベストが使用されたオフィスビルをREITに組み込む
  • ビルを割高な価格で購入する(?)
  • 補修費用を信託財産から流用する
  • 増改築工事中の賃料の未収期間を考慮しないで購入する

全体的に物件の資産査定がズサンで、まったくやる気がなかったのではないかと思うほどです。

リートは利益の大半を投資家に配当すること、株式よりも値動きが安定的であることなどが人気を呼ぶ要因になったとされていますが、はたしてその実態はブラックボックスそのものです。

ほんとうかどうかはわかりませんが、一部では、ビルの賃貸収入ではなく転売による利益で運用されているという話もあります。つまり、安定収入などとは程遠い投機的な取引に支えられているというのです。

まったくの妄想に過ぎませんが、今回の件も、高値で売れるだろうとタカをくくって転売目的で購入した物件の値崩れが思いのほか早く起きてしまい、仕方ないので投資家のお金で改修して賃貸に回そうとした、という流れだったと考えると納得できます。

※ もちろん、これはわたしの勝手な妄想であり、どんな企業もこんなことをおこなっていると断言しているわけではありません。

サブプライム問題で揺れるアメリカと同じく日本も不動産価格の値崩れが激しく、今年に入って上場企業もいくつかつぶれています。

リートも含めて、もはや業界全体があやしいというレッテルを貼られてしまった感がありますが、一時の「不動産流動化」バブルなどが懐かしくも哀しい風情を漂わせますね。

2008年12月 5日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

国内投信の11月設定額 - 3ヶ月ぶりの流入超は株式投信が牽引

依然として厳しい状態が続いている経済情勢と株式市場ですが、投資信託の流出入で見れば、国内型の株式投信などに資金が戻ってきているようです。

ファンド情報サービス会社リッパーによると、11月の国内追加型株式投資信託(ETF除く)は推計で678億円の流入超となったとのこと。ETFを含めても157億円の流入超で、10月の3,677億円の流出超からかなり状況が上向きに転換したようです。

ほかに流入超となったのは、オーストラリアや新興国の債券型ファンド。あとはグローバル不動産や新興国株式にも一部資金を戻す動きがあったようです。

逆に流出超となったのは複数のアセットクラスへ分散投資したバランスファンドが多かったとのこと。また、グローバル債券ファンドもあまり調子が芳しくなかったようです。

国内株式と海外債券は相関が低く分散効果を得られやすい傾向があるとされているものの、世界同時株安ではどの資産クラスも下落していましたが、この株安時に先進国債券などを売って日本株式を買うのは個人的に賢い選択だと思います。

国内投信は3カ月ぶりの流入超、トップは株式型日本株 | Reuters

 [東京 3日 ロイター] 投信情報サービス会社リッパーによると、11月の国内追加型株式投資信託(ETFを除く)の純流出入額(設定額から解約額と償還額を引いたもの)は推計でプラス678億円となり、3カ月ぶりに流入超に転じた。

 10月はデータ集計を開始した2003年1月以来最大の流出超を記録したが、11月は日本株ファンドなどを中心に割安感からの買い戻しが増えたとみられる。

 ETFを含めた場合でも11月は157億円の流入超となり、前月の3677億円の流出超から反転した。

お年寄りやお小遣い気分(?)の方に人気が高くインデックス投資家には不評の、グロソブこと国際投信投資顧問の「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」は2ヶ月連続の流出超だそうです。

これも個人的には好ましい傾向だと思います。

タグ

2008年12月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

証券会社のキャンペーン - マネックス証券とカブドットコム証券

証券会社のキャンペーンといえば、最近では株券電子化をにらんだ株券入庫のものが多かったと思います。

12月に入り、こんどはサラリーマンのボーナスを狙った(?)投資信託のキャンペーンも開始されているようです。ここではマネックス証券とカブドットコム証券のものを紹介します。

マネックス証券

期間
2008年11月14日(金)~2008年12月30日(火)[約定日ベース]
内容
投資信託を合計10万円以上購入した場合、申込手数料(消費税含む)の半額がキャッシュバック。キャッシュバック時期は2009年1月上旬。方法は取引口座への入金
対象商品
マネックス証券取扱の株式投資信託
詳細
申込手数料が実質「半額」!投資信託キャンペーン(2008年11月14日)/マネックス証券

カブドットコム証券

期間
2008年12月1日(月)~2009年2月27日(金)
内容
期間中、カブドットコム証券取扱投資信託の購入における販売手数料合計が、1,000円以上の方の中から抽選でプレゼント
詳細
「冬の投資信託キャンペーン」実施 | カブドットコム証券

詳しくは各証券会社のWebサイトを確認してください。

2008年12月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

ファンドの申込受付を中止、ファンドクリエーション投信「ベストプロパティー・インカム」

ファンドクリエーション投信投資顧問が、同社の公募投信「ベストプロパティー・インカム(毎月分配型)」の基準価額の公表と設定・解約の申込受付を中止しました。

原因は、投資先ファンドの「FCファンド-レジット不動産証券投資信託」クラスB受益証券と「FCトラスト-ジェイ-グランド不動産証券投資信託」クラスB受益証券が買い戻し請求に応じるだけの十分な現金を有していないことだそうです。

当該ファンドは2008年7月29日に設定されたファンド・オブ・ファンズで、11月10日付けのレポートによれば純資産総額は16.8億円。9月と10月の22日に45円ずつ分配金支払がおこなわれています。

上記2ファンドのみで運用されており、組み入れ比率はレジットBが59.4%、JグランドBが37.9%となっています。残りは現金が2.8%程度。つまり、ほとんどの資産が換金できない状態になっているということです。

ファンドクリエーション投信、「ベストプロパティー・インカム」の購入・解約受付を中止 | Reuters

 ファンドクリエーション投信の発表によると、管理会社は純資産価格決定の停止理由として「現時点で(同ケイマン籍)ファンドは買い戻し請求に応じるだけの現金を有しておらず、請求に応じるためにはファンドが組み入れている収益源物件の早期売却を進めざるを得ないと考えられる。早期売却を前提とする評価額を全物件について取得することが適切であると判断し、(価格決定を)停止した」としている。

 なお、同管理会社は、昨今の経済環境や不動産需給悪化の影響などで、早期売却の場合は現時点の評価額を大きく下回る売却価格になる可能性が高い、との認識も示しているという。

申込受付と基準価額公表の再開時期について同社営業担当者は「未定」としている」そうで、また「12月の分配金については「現時点では未定」(同営業担当者)」とのこと。

わたしはファンドクリエーションの株式を保有していたことがあるのですが、今回の件は衝撃的でした。このニュースの影響かはわかりませんが、1日の株価は一時ストップ安まで売り込まれたようです。

インドのムンバイで発生した同時テロの影響で、インド株を含む投信の設定・解約の申込受付が中止されたこともありましたが、金融危機だけでなく治安の悪化による影響も考えなければいけません。

経済が沈むとあっという間に投資環境がわるくなるのは、ある意味仕方のないことかもしれません。投資よりも上位にある、生活に対しての影響もあるのですから。

2008年12月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース

約半数がリスク限定的 - 11月の新規設定ファンド

投資信託について様々な情報を提供している会社トムソン・ロイター・リッパーが発表したところによると、08年11月に新たに設定されたファンドの設定額のうち、約46%がギャランティー型ファンドのものだったようです。

「ギャランティー型」とは日本語で言えば、おそらく「保証型」だと思われます。

保証型ファンドとは、一定の条件の下に元本保証をおこなうファンドのことです。たとえば満期保有した場合には元本を保証するなどというかたちで、リスクを限定的にすることで投資家にメリットを提供します。

なぜ運用側が元本を確保できるのかというと、信託財産の大部分について満期時に元本金額が確保されるようにリスクを抑えた運用をおこない、残りの部分でリスクを取った運用をおこなうためです。

「満期時」に十分な信託財産が確保されるように運用されるので、中途解約したときには元本割れする可能性もあります。

11月の新規設定ファンド、設定額の約46%がリスク限定型=リッパー | Reuters

 [東京 2日 ロイター] 投資信託情報サービス会社のトムソン・ロイター・リッパーによると、11月に新規設定された投信の設定額のなかで約46%を同社分類のギャランティー型(リスク限定/軽減型)ファンドが占めた。ギャランティー型が40%を超えたのは3カ月連続。

 円高や株安基調の継続で個人投資家のリスク許容度が低下するなか、新規ファンドへの資金流入は細っており、11月の設定額合計は約479億円と10月の約360億円に続き低調だった。ただ、新規設定された34本のうち7本がギャランティー型で、設定額ベースでは半分近くを占めるなど「全体の設定額が低くなっているなかで際立った」(ファンドアナリストの篠田尚子氏)という。

 同氏によると、ギャランティー型の販売は以前は地方銀行などが中心だったが、今年に入って野村証券など証券大手や銀行の取り扱いが増え、販売網のすそ野が広がっている。同社によると、12月も新規設定予定の投信25本(2日現在)のうち12本がギャランティー型となっている。

円高や株安基調の継続で個人投資家のリスク許容度が低下するなか」という記述が印象的です。

リスク許容度というのは年齢や資産状況により変わると思いますが、そんなに急速に変化するものではないと思います。どちらかというと、いままで見積もっていたリスク許容度が小さすぎたことに気付いたというところでしょう。

やはり、100年に1度の金融危機を「想定内」として受け入れられる投資家はほとんどいなかったのだと思います。・・・もちろんわたしも含めて。

タグ

2008年12月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース