検索結果

インデックスファンドと海外ETFガイドで“投資家交流”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

インデックス投資家は卑怯で腰抜け

個別銘柄投資をおこなっている友人と、インデックス投資と個別銘柄投資に関する話をしました。相場下落の影響をもろに受けているせいか少し感情的になっていたようですが、彼の意見はなんとなくわかるような気もしました。

友人「インデックス投資だけやる人は卑怯だし、腰抜けだ」

わたし「すごい言い方だね。なんでそう思うの?」

友人「他人の褌で相撲を取っている。投資というものを全くわかっていない。そもそも彼らだけでは市場は機能しない」

わたし「たしかに、インデックス投資家が増えすぎた場合に市場が非効率になることはひとつの懸念としてあると思うけど・・・。でも、方法としては優れているよね。割り切って考えると」

友人「それが気に入らない。美味しいところだけ取っている。市場に参加するならもっとリスクを取って価格の適正化に参加すべきだ」

わたし「でも、個別銘柄投資をするのは、インデックス投資家よりも大きなリスクを取って大きなリターンを期待しているわけでしょう。投資に見合ったリスクならいいんじゃないかな? 銀行預金だけという人もいるんだし」

友人「インデックス投資家は市場が荒れても精神的に安定しているらしいが、それは他人の褌で相撲を取っている証拠だ。それで投資家ぶっているのだから笑える」

わたし「う~ん。・・・まあ、コーヒーでも飲んで落ち着いてよ」

※ 友人の発言がちょっと感情的になっていたので、語尾を変換しています。

まったくまとまらない話で申し訳ありません。わたしもインデックス投資をしているので微妙にやりづらかったのですが、彼曰く個別銘柄投資の時価の割合が大きいので問題ないとのことでした。謎です。

ということは、もしかしたら彼もインデックス投資の有効性は認めていて、だからこそ現状でインデックスの成績を下回っていることが悔しいのかもしれません。あるいは、自分もそうしたいと思っているのかも。

ただ、インデックス投資家がもう少しアクティブ投資もおこなってくれれば嬉しいということについては、わたしも同意見です。せっかく市場に参加しているのだからそのほうが面白いと思うのですが。

しかし、なるべく時間をかけたくないということもインデックス投資の動機のひとつでしょうから、勧めてもあまり意味がないかもしれませんね。

2009年3月11日||トラックバック (0)

カテゴリー:管理人ブログ

セゾン投信の解約とギャンブル・・・つまり人生とは?

知人にセゾン投信を解約した人がいます。積立自体は続けているので完全に積極的な資産運用と決別したわけではないですが、いままで積み立てていたほぼ全額をおろしたというのはわたしには衝撃でした。

世界的な株価下落による資産価格の下落が、解約の原因ではありません。彼はセゾン投信を積み立てると同時に、一方で競馬というギャンブルを趣味としてお金をつぎ込む生活を送っていました。

解約したお金をこのギャンブルにあてると知ったとき、わたしが卒倒しそうになったのは言うまでもありません。・・・いや、それはちょっと言い過ぎかもしれませんが「そんなバカな!」と心中でつぶやいたのは、知人には申し訳ないですが正直な気持ちでした。

しかし、ふと、彼の生き方というのは別におかしくないのではないかと感じたのです。わたしから見れば確かにおかしいですが、そもそも絶対に正しいことも間違っていることも存在しないと考えると、彼はなんら不思議な行動は取っていないのではないかと。

そう考えはじめると、人生ってなんだ!?というちょっと背伸びした中学生がそれを思案していることを周りにほのめかすことで優越感にひたるような疑問が頭を支配しはじめるのでそこで思考をストップさせましたが、しかし人生っていったい何なのでしょうね。

わたしがセゾン投信を解約するころにはそれがわかっているのでしょうか。

2009年3月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:管理人ブログ

投資家の豪華イベント「インデックス投資ナイト」 これも資産運用の醍醐味?

資産運用というのは非常にプライベートな活動であり、他人にその詳細を打ち明けるものではありません。他人に自分の財布の中身を見せるというのは誰も好きではないことと思います。

しかし、資産運用に関してほかの投資家と情報交換やディスカッションをするのは、けっこう楽しいことです。

わたしはスカイプやメッセンジャーを使って、あるいはオフラインで実際に会うなどしてネットで知り合った人と話したり飲んだりすることがあるのですが、あれはなかなか楽しい時間です。

インデックス投資というのは、日本では欧米先進国にくらべて浸透していません。昨今はマネー誌などでよく見かけるようになりましたが、FX(外国為替証拠金取引)や一般の株式投資とくらべると認知度は月とスッポンという感じでしょう。

そんなニッチな市場を盛り上げよう、インデックス投資を広めようと活動されているアルファブロガー(というのでしょうか?)の方々を中心に、インデックス投資家の交流会が開かれるそうです。

その名も、「インデックス投資ナイト」。

インデックス投資ナイトの概要

日時
2009年1月10日(土)17時開場、18時開演
場所
東京カルチャーカルチャー(TCC)
料金
前売り 1,500円、当日 2,000円
内容
  • 座談会「これからどんな投資をしたら良いか?」
  • フリートーク、質疑応答
  • プレゼンテーション
  • 「投信ブロガーが選ぶ Fund of the year 2008」発表会
詳細
インデックス投資ナイト(1/10)のお知らせ(MoneyHacking)

2008年7月から活動中の「インデックス投資交流会」のトークイベントという位置付けのようです。

今回は、なんと株式会社マネックス・ユニバーシティ社長の内藤忍さんや、インデックス投資アドバイザーのカン・チュンドさん、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん、そして経済評論家の山崎元さんも参加されるとのこと。

もちろん、インデックス投資ブロガーも多数参加されるようです。かなり濃い時間を楽しめそうなイベントの料金は前売りでたったの1,500円ということで、ひとつ新年のお楽しみとしてジョインしてみるのもいいのではないでしょうか。

チケットはローソンチケットやイープラスで気軽に購入できるとのこと。信用できる企業を通しているので、初めての方でも安心ですね(購入方法については、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬ケンイチさんがわかりやすく紹介されています)。

興味がおありの方はぜひご参加を。・・・といいながら、わたしは地理的な問題で参加できないのですが(笑)。

2008年12月25日||トラックバック (0)

カテゴリー:投資信託のニュース